恵那の暦・二十四節気『処暑』

厳しい暑さの峠を越すと処暑を迎えます。また、残暑はお彼岸まで続くといわれていますが、「処」には落ち着くという意味もあります。山間部である恵那市は、秋の訪れを早く感じるかもしれません。朝夕には少し冷たくなった風が吹き、心地よい虫の声が聞こ...

恵那の暦・二十四節気『立秋』

立秋とは、暦の上で秋のはじまりとされる日です。「立秋を迎え秋となりましたが…」などのフレーズがよく使われます。ちょっとした瞬間に秋を感じさせる風が吹くようになる時期です。しかし近年秋の訪れは遅くなり、いつまでも残暑が続きます。それでもカ...

恵那の暦・二十四節気『大暑』

大暑は読んで字のごとく、一年で最も暑くなる時期のことを意味しています。大暑には快晴が続き、気温が上がり続けるという頃で、暦上一年の中で最も暑い時期です。 そして梅雨が明けましたね。空には入道雲がみられ、太陽がぎらぎらと頭の上から照りつ...

恵那の暦・二十四節気『小暑』

小暑は「小さく暑い」と書くことから、本格的に暑くなる少し前のことを指します。この時期は梅雨明けが近くなり、ミンミン蝉やあぶら蝉の鳴き声が聞こえ始めます。南から熱風が吹き、太陽の光の強さからもまさに夏の訪れを感じられます。 蒸し暑さ...

恵那の暦・二十四節気『夏至』

夏至とは「日長きこと至る(きわまる)」という意味です。一年で一番日が長く、太陽の力が最も強まる時期と言われています。夏至の頃は梅雨の真っ只中なので、曇りや雨が続くと昼が短く感じてしまうことも多いようです。空梅雨(...

恵那の暦・二十四節気『芒種』

芒種の「芒」は「のぎ」と読み、稲などの穂先にある針のような部分を言います。穂の出る稲や麦など植物の種をまく季節を意味します。恵那市ではもう田植えは終わっている時期ですが、もち米や古代米はこの頃が田植えの時期とされます。水無月は田植えに多...

恵那の暦・二十四節気『小満』

木々が若葉に覆われ青々しく成長し、汗ばむ陽気になりました。万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めることから小満といわれています。 今年は桜の開花も早く、春が駆け足でしたが、しばらくは朝と夜が冷え込みましたね。発芽した双葉が次の葉...

恵那の暦・二十四節気『立夏』

「夏が立つ」 夏の兆しが見え始める頃という意味で、陽気も増し夏の気配を感じる時期です。蛙の大合唱がBGMになり、ミミズも動き出し土壌を豊かにしてくれます。 そして恵那市では田植えの時期を迎えます。すっかり葉桜になり、風薫るこの立夏の時...

恵那の暦・二十四節気『穀雨』

田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降る時期です。穀雨とは、穀物の成長を助ける雨のことです。 二十四節気を眺めてみると「雨」がつくのは初春の「雨水」と晩春の「穀雨」だけ。その他の季節に雨はないのでしょうか。秋は「露」と「霜」冬は「...

恵那の暦・二十四節気『清明』

清明は、春の日差しが万物を照らして、清く明るくするという時期です。日差しは白く柔らかく、咲き始めている花々や植物を優しく照らしています。その景色は、清らかで明るく映ります。 春分の後に、東南から吹いてくる穏やかな風を清明風と言いま...
タイトルとURLをコピーしました