2022 『大寒』

恵那の大寒 一年でもっとも寒い時期、『大寒』に入りました。暖房をつけてもなかなか暖まらない寒い朝。そして家から出ると冷たい空気がトゲのように突き刺さります。車で通勤する途中、雪と雪解け水が凍りついた道路の様子がまた寒さを助長していま...

2022 『小寒』

謹賀新年 謹んで新年のお祝いを申し上げます。皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。旧年中はひとかたならぬご厚情をいただきありがとうございます。本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 ...

2021 『冬至』

恵那の冬至 冬至とは一年で最も日照時間が短く、昼が短くなる日です。一年の終わりが近づき、寒さが厳しく感じるのは、太陽も関係しているのですね。恵那市では昨年もこの頃に初雪が降りました。雪が降った日はモノトーンになる山々が美しく、そして手袋やス...

恵那の暦・二十四節気『大雪』

大雪とは本格的に冬が到来するころ。その名の通り、雪が降り積もる時期とされます。山々は雪に覆われ、恵那山も冬めき、雪化粧が見られます。樹木や草の水分が氷結して、白い花をつけたようになる氷花(ひょうか)が美しいです。この時期の生き物はじっと...

恵那の暦・二十四節気『小雪』

小雪とは陽射しが弱くなり、冷たい北風とともに紅葉が散り始める頃。地面いっぱいに広がる落ち葉と、葉を落とした木々は冬の景色の象徴ですね。北国から雪の便りが届き、雪が降り始めるといわれますが、恵那市の初雪はいつ...

恵那の暦・二十四節気『立冬』

立冬とは、冬がはじまる頃。紅葉がぐっと進み、野山の錦に目を奪われます。そして木枯らしが吹き、真冬の寒さに備えて冬の準備を始める「こたつ開き」の時期でもあります。恵那は山間部の冷え込みで「こたつ開き」より早く暖房器具の用意をすることが多そ...

恵那の暦・二十四節気『霜降』

霜降とは、朝晩の冷え込みがさらに増し、山里では霜が降りはじめる頃。朝晩の冷え込みが厳しくなり、日が短くなったことを実感できます。初霜の知らせが聞かれるのも大体この頃です。実際に恵那市では今週からぐっと冷え込みました。露が霜に変わる時です...

恵那の暦・二十四節気『寒露』

寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになります。露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される時期でもあります。秋は夕焼けが見られると翌日晴れるとい...

恵那の暦・二十四節気『秋分』

一年のなかでも特に過ごしやすい秋の始まりを知らせる秋分の日。国民の祝日であり、彼岸の中日であり、「祖先を敬い、なくなった人々をしのぶ。」ことを趣旨としている日です。 「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、秋分の日を境に暑さがだんだんとやわら...

恵那の暦・二十四節気『白露』

白露とは、夜中に大気が冷え、草花や木に朝露が宿りはじめる頃。降りた露は光り、白い粒のように見えます。日中の暑さも和らぎはじめ、だんだんと秋の気配が深まっていきます。今まで雨という表現だった言葉も露となり、季節の移ろいを感じます。 ...
タイトルとURLをコピーしました